2017年1月3日火曜日

今年もがんばり過ぎずにがんばります!!


2017年、新年あけましておめでとうございます!
今年もYAWP! backpackersを、どうぞよろしくお願いいたします!!



まずは、月初めのいつものやつです!



【YAWP!来泊ゲスト国籍 トップ10(2015年4月〜:計1303)】

 ①アメリカ     224名(+12)

 ②日本       144 (+5)
↑③オーストラリア  143 (+9) 
↓④イギリス     140 (+5)
 カナダ      115 (+3)
 ⑥ドイツ       66 (+3)
 ⑦台湾        45 (+2)
 ⑧フランス      40 (+8)
↓⑨ニュージーランド  34 (+2)
 ⑩インドネシア    28  
 


【新規ゲスト数(泊数:日数平均:稼働率(キャパ))月別まとめ】

【2015】
4月:22(81 :3.68:22%(12))
5月:28(132:4.71:35%(12)
6月:11(60 :5.45:17%(12)
7月:65(205:3.15:59%(12)
8月:98(312:3.18:93%(12)
9月:79(278:3.52:93%(10)
10月:91(253:2.78:94%(10)
11月:74(227:3.07:84%(10)
12月:84(229:2.73:82%(10)
【2016】
1月:59(198:3.36:73%(10)
2月:55(194:3.53:78%(10)
3月:72(242:3.36:83%(10)
4月:83(275:3.31:85%(12)
5月:100(278:2.78:80%(12)
6月:26(72 :2.77:60%(10)
7月:45(139:3.09:61%(12)
8月:81(247:3.05:66%(12)
9月:64(215:3.36:90%(10)
10月:56(152:2.71:61%(10)
11月:42(112:2.67:45%(10)
12月:68(191:2.81:68%(10)

計:1303(4087:3.14:71%)
※稼働率のみ、直前一年間の平均



残念!先月の稼働率は70%に届かず!! 
予約状況的には70%を越えていたのですが、ノーショウや直前キャンセルが数件あり、結局下回ってしまいました。


なお、先月は特別なキャンペーンを開催したせいで、実はちょっとややこしいのですが、上記の数字はすべて、“料金が発生した分のみ”のカウントです。ゲストが無料で宿泊した分は、項目すべてにおいて除外しております。仮に無料分まで入れて計算すると、

12月:68(215:3.16:77%(10)になります。 


また、年末の29〜31日の三日間は、当初はキャパ10人で予約受付を止めていたのですが、宿泊希望の連絡をいただくことがとても多く、それらをすべて断って宿探しに苦労している外国人を放りっぱなしにしまくるのは気持ちがよくないなと思い結局、ベッドキャパ限界までwelcomeしました。なので、この三日間のゲスト数は毎日14人でして、12月のキャパは全日が10人までだったわけではありません。なので、この数字はちょっぴり正しくないです(正確には、1〜28日が60%(キャパ10)、29〜31日が100%(キャパ14))。


それにしても昨年末は、「そちらに泊まらせて欲しい!」旨のメールをいただくことが、一昨年よりもはるかに多かったです。ウチが「一年中、値段は上げません」宣言しているのと、「この宿はフルを求めず、空きベッドを常に確保している」と以前にゲストが書いたレビューがあったりするのとで、「あわよくば泊まれるのでは?」と考えたのでしょう。ウチが魅力的な宿だから、とかそういう理由ではなく、単に他の宿々がヒドすぎたのです。メールには素直に「他の宿は高過ぎて、とてもじゃないけど泊まれない・・」と書いてあるケースが、けっこうありました。ついには、最安値で1万円を越える設定をするところまで出ていましたからね。個室ではなく、ドミトリーでですよ!信じられん!!なんじゃそのビジネス欲っぷりは!!!



先日、とある方がfacebookに書いていましたが、この業界の簡易宿すべてをホステル(ゲストハウス)というカテゴリで一括りにするのは、そろそろ限界かと思います。もはや【ビジネスホステル】【バックパッカーズホステル】等に、分けて考えた方がいいです。【ビジネスホステル】の多くは、ざっくり言ってしまえば“ドミトリースタイル(個室ではない)がメイン、という違いがあるだけで、それ以外の面ではただの安ホテル”であり、ホステルという括りに入れることすら違和感があります。なので【ドミトリーホテル】が、一番しっくりくるカテゴリ名な気がします。


買い手優位な通常は、2000円前後の設定だが、売り手優位な特別な時期には強気の10000円超(同じ部屋だというのに!)。そんなビジネス欲丸出しな宿が増えていることは、僕は本当に腹が立つので、この際、同じ目線に立つことをやめるべきかなと。ビジネスホステル(ドミトリーホテル)がバックパッカーマインドを全く無視で好き放題やっているのを見て、僕も同じ業界にいるという意識があるからガッカリするのであって、もはや、そもそも違うジャンルのビジネスなのだと捉えようかなと。ウチはあくまでバックパッカーズホステルであって、ビジネスホステル(ドミトリーホテル)ではない。なので彼らが何をしようが、知ったこっちゃないと。


まぁ、それらのビジネスホステル(ドミトリーホテル)たちが、次の繁忙期である桜の時期までの厳しい三ヵ月間に、どれだけ値下げをしまくってどれだけ足掻きまくるのかを、俯瞰で眺めていようと思います。




さてさて、ここからは業務連絡っぽくなるというか、今年前半のYAWP! backpackersの予定をお伝えしようと思うのですが、時系列順にまとめますと、



① 1月4日〜10日の一週間は、お休みをいただきます。

これは、そのまんまです。年末年始に全く休まなかった分、ちょっと遅めの休暇をいただきます。



② 1月15日〜28日の二週間に、再びの【2泊したら3泊目は無料!】キャンペーンを開催します。

12月前半にも同じキャンペーンをしましたが、僕としては特にデメリットはなく。ゲストが増えた&儲かった&長期泊ゲストが増えて親密になるケースが多かった&その割に仕事は楽だった、でいいことづくめだったもので。滞在していたいただいたゲストからも好評でした(そりゃそうですよね)ので、もう一度やろうかなと。

こちらは実は、先月から受付を開始していまして、すでにたくさんのご予約をいただいております。



③ 2月15日〜3月16日までの30日間は、冬休みをいただきます。

これも、そのまんまです。しばしの旅に出ます。



④ 3月17日〜6月10日までの三ヵ月弱は、休み無しで働きまくります。(たぶん)


ブッキングサイトの登録先を増やし、どれだけ集客力が増すかはわかりませんが、多忙過ぎてワンオペ経営では厳しくなるようなら、短期のスタッフを雇うかもしれません。③の冬休みと⑤の夏休みに怠けまくる分、ここで稼がにゃ〜あかんとですたい(笑)!



⑤ 6月11日〜は、今年も一ヵ月程度の夏休みをいただきます。(たぶん)


今年は去年と違い、6月に大きなサッカーのイベントとかはないのですけどね。僕は単純に梅雨が嫌いですし、おそらくだいぶ疲れていますし、この時期は大きな集客も見込めないので、充電期間とします。




以上です!!



・・・考えてみたら、3月後半のハイシーズン突入までは、これから僕は1月11日〜2月14日の、一ヵ月強しか働かないんですねぇ。我ながら、すさまじくユルい感じにスケジューリングしてしまった・・・。貯金は確実に一気に減りますが、まぁ、食えりゃあいいです。僕は独り身ですので、誰にも迷惑はかからないし、責任もないし。働いてばかりじゃあ、人生つまんないし。


たしか昨年も年頭に、「ノンビリ働きま〜す」宣言をしたんですよね。今年も僕は、昨年以上に肩の力を抜きまくって、あまりがんばらずにユルユルな感じで働こうと思います〜!



女子高生ゲストたちがフレンチトーストを作ってくれました




0 件のコメント:

コメントを投稿