2018年9月22日土曜日

“六ヵ月働いて、六ヵ月休む”・・が理想!!




今月は、名目の稼働が8月と同様に95%といったところで、メチャ混んでおりますが、例の“三日目は無料”キャンペーン(ただし金・土・祝前が三日目の場合を除く)を月頭からずっと開催しておりましたので、売上げはそこそこです。実質稼働は、75%くらいでしょうか。


なぜか最近は、おかしな出来事が多発しております。4泊のゲストが午後にチェックインして、その後、僕が昼休みを終えて帰って来たら、消えていたり。僕はただイン対応してベッドを作っただけですから、不満を持たれるような要素はないはずで。メールで「何かあったのでしょうか?」と尋ねても、返事は無し・・。まぁ、代金は受け取り済みでしたし、バッドレビューをいただいたわけでもないので、問題はないのですが。

また、ウチを完全に“ホテル”と勘違いしている、ご年配のゲストがいたり(これは、ごくたまにあります)。「個室じゃないって? どういうこと!?」「アメニティは?」とか、とことんズレまくりで。彼女らは着いた当初から文句ばかりだったので、このギャップは埋め難く、話し合いの末、納得の上で出て行ってもらうことになりました。

他にも、深夜の3時頃から7時頃まで、30分おきに海外の同じ番号から電話がかかって来たり(嫌がらせかっっ!)。 僕は、深夜の電話は完全スルーすると決めておりますし、電話対応は10〜24時のみと全サイトに書いており、それを無視するようなゲストはどうせ迷惑者なので、意地でも出ませんでしたよ(笑)!!



さてさて、話は変わり。僕は明日23日から10月4日までを、早めの秋休みとさせていただきます。その内、10月1〜4日の四日間は、久しぶりに韓国に行って来ます。別に、目的は何もないのですが。どこでもいいし短くてもいいから、なんとなく独りでフラリと海外に行きたい気分でして。2008、2013と、ここのところの訪韓が五年周期になっていたので、サクッとまぁ韓国でいいかな〜と。プルコギ食べたいな。

そんでもって僕は、今後の予定を改めて練ったのですが、今年は12月にも十日間ほど休んじゃおうと思います。「100日以上は休まないようにする!」と宣言して今年をスタートしたのに、このままだと最終的には80日前後になりそうでしてね。「オゥ、今年の俺、働き過ぎちゃってるぜ〜!」と気付きまして。なので、もっとちゃんと休もうかと思います(笑)。


というか先日、僕の収入についてをこのブログで公表したことで、改めて僕は未来設計をする気分になっちゃいまして。将来、どんなペースで働くのがベストかな、と。


借金を完済さえすれば、ウチの毎月の支出は10万円ほど。さらに宿を閉めて光熱費をかからなくすれば、税金等だけになるので5万円にも満たなくなります。

なので、年間でざっと90万円は、宿の維持のためのマスト経費。そこに僕の個人的な生活費が年に200万。年に一度は長期旅に出たいので、それに20万。さらに年100万位は老後へ向けての貯金をしようじゃないかということで、90+200+20+100=410万。よって年間では、僕は410万円もあれば充分。僕には副収入で年におよそ180万が入りますから、410万−180万=230万。

ウチは客単価(一人:一泊)がおよそ2300円ですから、230万円は年間で1000泊。ハイシーズンには、これまでの実績通りに行けば月平均200泊は入るはずですので、1000÷200=5。

これは何の計算かと言うと、ウチは借金完済後には、ハイシーズンの五ヵ月のみの経営でも充分にやっていけるじゃないかYo!ということです。まぁ、少し余裕を持って、せいぜい年に六ヵ月。具体的には、3月中旬〜6月中旬と、7月中旬〜10月中旬の計六ヵ月、その間に短期で休んだ分は年末年始にチョロっと開いてカバーして、それ以外の期間はスッパリと完全休業でもいい感じだな〜、と。

年間、計六ヵ月休んで、その上で長期旅に出られたり100万円の貯金ができたりすれば、サイコーです。こんな楽観的な皮算用の通りに、すべての事がうまく運ばれるはずがないですけどね(笑)。まぁ僕はそもそも、“ノンビリと、自由気ままに生きるため”に、ゲストハウス起業に投資をしておりますから、ブレずに想定通りの人生を送るつもりだということです。


実はここ最近の僕は、「無欲、極まれり!」という感じでして。これまでもその傾向がありましたが、今は欲しい物が、恐ろしいほどに、全くない。やりたいことも、特にない(旅に出たいだけ)。仕事以外の時間では、相変わらず独りで映画を観たり本を読んだりするだけの地味な毎日ですが、僕はそれで充分でして。

この夏は経営が順調でしたが、しかしどこか虚しいというか、お金に対する「手に入れたい!」「使いたい!」のギラギラした熱が全く沸き起こらず。ただ淡々と、それなりに忙しい毎日が過ぎ、貯金額だけが増え続けて行ったという、そんな感じです・・。


さっさと借金を返し終えて、“ハイシーズンの六ヵ月間のみ働く生活”に、早く突入できればいいなぁと思います。まぁ、二年後の東京オリンピックの頃までは今のスタイルでがんばって、その年の10月中旬からこのモードに入れればいいかな。そしてそんな生活を8〜9年続けて、ずっと前にこのブログで宣言した通りに、僕は50歳で清く宿業からの引退をしようかなと。それまでに僕は1000万貯金して、ビルを売って+2000万。合計3000万あれば、年金受給開始の65歳までは、無職でもしぶとく生き残れることでしょう。超テキトウな計算ですが(笑)。


わざわざ言う必要はないのですが、たまに僕がこうして「ストイックに生きる気、全く無し」「向上心、全く無し」感を出すのは、意図的なものですよ。働きすぎな大多数の日本人に対して、僕はあえて真逆の道を行き、「皆ももう、そのステージから降りちゃいなよ〜!!」という旗を、独りでアホみたいに振っていようじゃないか、ということです(笑)。




0 件のコメント:

コメントを投稿