2018年2月15日木曜日

民泊の未来に、“苦笑い”を見た!




ド深夜の更新! 早朝の、チャンピオンズ・リーグのビッグマッチ、レアル・マドリーvsパリSGを観るために、がんばって起き続けているのです(笑)!!



2月! ゲストが全然来ませ〜ん!!

さすがに、先週末〜の三連休期間中は毎日フルでしたけどね。それ以外は、なかなか悲しいことになっております。

この調子だと今月は、総泊数120&稼働42%程度に落ち着きそうです。よって二ヵ月連続の赤字は、ほぼ確定です。ほんと、まいっちゃう・・・。


しかしながら、3月の予約はすでにたくさんいただいておりまして。3月前半までを乗り切れば、長かったローシーズンもついに突破です。僕的には、宣言通りに2月25日〜3月8日までは冬休みをいただきますので、あと10日ほどで“さらばローシーズン!”の気分ですけどね。いろいろと溜まっておりますので、休み中は思いっきり、ノンビリ&遊びまくりますよ!!




さてさて、話は変わりまして。


先日、テレビ東京の番組「ガイアの夜明け」にて、民泊ビジネスが特集されておりました。僕は、夜10時〜は月曜「未来世紀ジパング」火曜「ガイアの夜明け」木曜「カンブリア宮殿」と、ほぼ毎晩のチョイスがテレ東です(水曜は「水曜日のダウンタウン」)。夜10時は仕事中なので、もちろん録画で、ですけどね。


今回の特集は、民泊が生むトラブルの問題についてはほんのチョロっとで、ほとんどは、これからの民泊のビジネス展開についてを伝えるものでした。

まず、最初にフォーカス(①)したのは外資系民泊サイトの“ホームアウェイ”。この会社は、今年6月の民泊新法の施行を見据え、マーケットのネクストターゲットを日本に定めているそうで。まずは伊勢志摩の別荘地に目をつけ、各家を周り「こんな豪邸をほとんど使っていないなんてもったいない! ぜひ、民泊に活用しましょう!!」と、ただ今絶賛・営業活動中とのこと。

次のフォーカス(②)は、同じく“ホームアウェイ”が仕掛ける、民泊のために用意した再生物件。閉鎖された古い民宿を買い取り、5000万円をかけて民泊用に大々的にリフォームしたとのこと。

そして最後のフォーカス(③)は、民泊予約サイト“ステイジャパン”を手がける日本の会社“百戦錬磨”さん。先日、大阪に“ボンホステル”という名の簡易宿をオープンしたそうで、そこの宿泊客に、日本全国の民泊を紹介&斡旋するのだ、とのことで。


この中で、僕が個人的に民泊ビジネスとしての将来性を感じたのは、①だけですね。伊勢志摩の別荘地に、魅力があるか無いかは僕にはわかりませんが、“そもそもは個人の別荘なので、基本的にはノーリスクである”と言えるからです。何もしなければゼロなものに、プラスを付随するorしないのケースなので、トラブルの面を除けば特に負の要素はないはずです。


一方で②のケースでは、物件の改装費に5000万円もの大金をかけております。つまりは、家主はビジネスとして本気になるべき必然性があり、少なくともこの投資額分は、元をとらなければいけません。強烈なマイナスからのスタートです。

この物件、一泊は8万8000円に設定するのだそうです。20人まで泊まれるので、すると一人あたりは4400円だとのことですが、民泊の顧客ターゲット層に、そんな大人数グループがいますかねぇ・・・。駅近なのはよさそうですが、正直、外装も内装もショボかったですし。民泊を利用するゲストの多くは、一人旅〜一家族でしょうから、仮に四人家族が泊まるとしても、一人あたり一泊2万2000円。これなら、高級ホテルに泊まれますし、ゲストはそちらを選ぶことでしょう。

しかしこのケース、年間で1500万円の売上げを想定しているそうです。1500÷8.8=170ですので、170日が埋まると読んでいるわけですね。民泊新法では年の営業可能日数は最大で180日までとされていますので、その内、170日は予約が入ると・・・って、んなこたぁ〜ない!! この物件&この価格では、この皮算用はポジティブすぎる、と言わざるを得ません。


さらには、③のケース。これには僕は、さらに凄まじい違和感を覚えました。件の大阪のホステルに泊まった一人旅の外国人バックパッカーに、スタッフが Iパッド片手に地方での民泊をプレゼン(この時点で僕はモヤモヤする)。彼がその提案に乗り、徳島の山奥の村まで移動。大阪の宿からその村まで、6時間半もかかったそうで。最寄り駅には民泊ホストの方(お婆さん)が、一人でお出迎え。駅から家までは、車で30分。大阪から、このお婆さんの家に着くまでに、なんと合計で7時間!!

そしてその家では、お婆さんが一生懸命に彼をおもてなし(一対一で!)。しかし英語は全く話せないので、民泊サイトの人からもらった指差し会話ペーパーを駆使して、彼とどうにかコミュニケーション。そして彼の出発の際には、なんと「息子と別れる気分」になってしまい、なにやらしんみり・・・。

この展開、僕は宿オーナーとしてではなくバックパッカー目線で見ましたが、いやぁ〜正直、これはキツい! 大阪で普通にホステルに泊まったらいきなりスタッフから民泊を薦められて、了承したらそこはすげぇ遠くて、やっとのことで着いたらホストは全く英語を話せず、しかしすごく積極的にもてなされる!! キツい! そして、重い!!

バックパッカー自身が、地方の村での民泊に興味があり、自分で能動的に選んでそうしたのなら素晴らしいと、僕は思うんですよ。しかし彼のこれは、受け身での行動ですからね。彼は、テレビでは「いい思い出になった」的なことを言っていましたが、僕にはどうしても、彼の笑顔は“苦笑い”に見え、心の底から楽しんでいるようには思えなかったです。


僕の個人的なバイアスの上で、ここであえてはっきり言い切りますが、バックパッカーというのは、多くは基本的に誰の干渉も受けずに、常に自由気ままでいたいものなのです。特別なおもてなしなどは求めておらず、できればなるべく放っておいてほしいのです。まともな会話が成立しないホストと、ずっと隣で一緒に過ごす空間は、すごくストレスです。ホストにはその親切心を、“世話を焼く”にではなく、“いい感じに放っておく”に使ってほしい!!


実は以前、僕も似たような状況を目の当たりにしたことがありまして。僕が近所のとあるレストランに夕食に行くと、隣のテーブルには、一人の日本人のおじさんと、一人の外国人青年が座っておりまして。

このおじさんは、英語はサッパリのようで、ひたすらに日本語で会話。というか「あ〜イエスタデイ? 仕事が忙しくて〜、電車ぁ〜トレイン?に乗り遅れそうになって〜」といった、単語だけ所々で英訳する典型的なダメダメ英会話で。相手の彼は、ひたすらキョトン。そんな、意志の全く通じ合わない、ほぼ一方通行な、とても聞き苦しいやりとりでして。

これ、その後もなんとなく勝手に耳に入ってきた内容から、このおじさんが民泊をしていて、外国人の彼はそのゲストなのだということがわかり。僕は本当に、この外国人青年が気の毒で、気の毒でしかたがなかったです。彼にとってのこの状況は、退屈極まりなかったことでしょうに・・・。


外国人バックパッカーを迎えるにあたっての、ホストの“英語は全く話せないけれど、懸命におもてなしをする”というスタンスは、かなりのギャンブルです。大きな幸せを生む可能性はありますが、ほとんどのゲストにとっては、それはストレスになります。もちろんこれはケース・バイ・ケースですが、ホストとしての最も適格なスタンスは、“英語をちゃんと話せて、その上で必要最低限(しかし抜かりのない)のサポートを心がける”です。“おもてなし”は、相手の気持ちをベースに置かないと、いとも簡単に“お節介”に変わります。


また、前述の③のケースではゲストがとても好青年だったので、ホストのお婆さんともいい感じにホッコリな関係が成立したようでしたが、それは、たまたまです。「民泊をする→ステキな外国人がたくさん来て彼らに喜んでもらって私も幸せ」は、常に繰り返されるわけではありません。もちろん、大多数は素晴らしいゲストたちですけどね。残念ながら、本当にムチャクチャで、やりたい放題のトラブルメーカーな者も、それなりの割合で来ます。

このお婆さんのケースでは、例えば「遠すぎる」といった理由で、駅で出迎えた時点ですでに不機嫌になっている者がいるかもしれません。あまりの遠さに、ノーショウ(行くのや〜めた)を選ぶ者もいるでしょうし、その場合はお婆さんは駅で待ちぼうけな上に、その他のおもてなし準備の苦労も、全てが水の泡となります。英語が話せないことで、ゲストの急な要望や予期せぬトラブルには、もちろん対処できません。ゲストがすごくいい人だったとしても、外国人の多くは非常にオシャベリですので、一方的な英語トークを延々と数時間も耐えなければいけないことだってあるでしょう。



ちなみに僕には、アメリカ人の親戚(いとこ姉妹)がおります。古い話ですが、僕の学生時代に、いとこ(姉の方)が現地のお友達ガールを連れて来日し、僕の実家に滞在したことがありまして。


その時、僕はたまたま少し風邪を引いており、それなりに咳をしていたのですが、お友達ガールは、そんな僕を見て明らかに不機嫌に。そして僕に対して、怒った感じでこう言って来たんですよ。

「私がバカンスで日本に来ている時に、風邪を引いているってどぉいうこと? 移されたくないから、私に近寄らないで」

と。これには特に、僕の母親が激怒していましたっけ(笑)。


これは、僕にとってはけっこう、外国人に対するファースト・インプレッションなんですよ。この出来事以前にも僕は何度もアメリカ訪問経験がありましたが、接していたのは親戚家族ばかりで、現地のリアル・アメリカ人と直接の関わりを持ったことは、ほぼ皆無でしたので。

それに対しては僕は、「えぇ〜っっっ!? 外国人って、ムチャクチャだ! 人ん家に来て、その家族を厄介者扱いにできるなんて、スゲェ!!」と、なんだか変な感じに受け取りました。日本と世界の、人々の性格、感覚の大きな違いを、そこで初めて感じ取りました。


もちろん僕は、そんな外国人たちの気質を批判したいわけではないです。日本人の中にだって、そういう人もいなくはないでしょうし。しかし怒りやワガママ等の諸々の発信の感覚は、日本人と外国人とでは、根本的に大きく違います。僕らは、その差異を広く理解する必要があります。


僕は若い頃から、たくさんの外国人と接し続けたことで、「そんなつまらんことで激怒すんのか〜い」「おいおい、俺に八つ当たりしてきたよ」「うわぁ、なんちゅう理不尽だよそれ」・・・な類いの“あるある”展開を、いつの間にか楽しめるようになっていた、ということです(笑)。この境地に達するには間違いなく、経験が必要です。



番組のあの、徳島の優しいお婆さんが、今後も民泊ビジネスを続け、外国人ゲストたちが起こすであろう数々のトラブルに耐え続けられるとは、僕には到底思えません。


民泊は、“小遣い稼ぎ”などといった軽い動機で始めていいものではありません。そこには、修羅の道が待っているのです(笑)。





2018年2月3日土曜日

ワールドカップを、妄想して楽しむ!!



相変わらず寒い! この冬は、例年よりもSっ気が強いですね!!



まずは、月初めのいつものやつです!


【YAWP!来泊ゲスト国籍 トップ10(2015年4月〜:計1954)】

 ①アメリカ     309
名(+4
 ②日本       260 (+5)
 ③イギリス     225 (+2)
 ④オーストラリア  195 (+5)
 カナダ      168 (+3)
 ⑥ドイツ       98 (+2)
 ⑦フランス      59 (+2)
 ⑧台湾        53
↑⑨韓国        42 (+5)
↓⑩ニュージーランド  41 
  



【新規ゲスト数(泊数:日数平均:稼働率(キャパ))月別まとめ】

2015】
4月:22( 81:3.68:22%(12))
5月:28(132:4.71:35%(12)
6月:11( 60:5.45:17%(12)
7月:65(205:3.15:59%(12)
8月:98(312:3.18:93%(12)
9月:79(278:3.52:93%(10)
10月:91(253:2.78:94%(10)
11月:74(227:3.07:84%(10)
12月:84(229:2.73:82%(10)
【2016】
1月:59(198:3.36:73%(10)
2月:55(194:3.53:78%(10)
3月:72(242:3.36:83%(10)
4月:83(275:3.31:85%(12)
5月:100(278:2.78:80%(12)
6月:26( 72:2.77:60%(10)
7月:45(139:3.09:61%(12)
8月:81(247:3.05:66%(12)
9月:64(215:3.36:90%(10)
10月:56(152:2.71:61%(10)
11月:42(112:2.67:45%(10)
12月:68(191:2.81:68%(10)
【2017
1月:50(190:3.80:79%(10)
2月:22( 81:3.68:58%(10)
3月:55(151:2.75:97%(12))
4月:75(238:3.17:79%(12)
5月:61(185:3.03:57%(12)
6月:19(126:6.63:84%(10)
7月:54(186:3.44:55%(12)
8月:66(234:3.55:75%(12)
9月:39(149:3.82:54%(12)
10月:67(230:3.43:74%(12)
11月:50(151:3.02:52%(12)
12月:52(167:3.21:57%(12)
【2018
1月:41(132:3.22:46%(12)

計:1954(6307:3.23:66%※)
※稼働率のみ、直前一年間の平均



実質総泊数は、132。 名目総泊数は164なので、32泊分が無料でして、実際(無料泊を含む)の宿泊日数平均は4.00です。 

残念ながら稼働は46%に留まり、昨年よりも30%以上の大幅ダウンでして(キャパを12で統一したとしても、20%のダウン)。というわけで、赤字です・・・。

・・・まぁ、しかたない。相変わらずノーショウや直前キャンセルが多発していることはどうにかしたいのですが、そもそもの予約の入りっぷりが以前よりも不調なのは、もはや、どうしようもない。この一年で都内の宿の軒数が1.7倍になり、しかし一方で全体の延べ宿泊数がほぼ横ばいなのですから、稼働が落ちるのは必然です。単純に、需要(→)と供給(↑)の問題です。あ〜ぁ。




さてさて。

書いていてへコんでくる、業界がらみの記事ばかりでは嫌なので、今回は完全に僕の趣味の話です。前々回、映画について書いたばかりですけどね。サッカーに全く興味のない方には、この記事はつまらないどころか苦痛を覚えるレベルだと思いますので、今回はパスしちゃってください(笑)。


皆さんもご存知のように、今年は、サッカー・ロシアW杯があります。開幕まであと四ヵ月強なわけですが、僕はとにかく楽しみでしかたがない。僕はサッカー観戦マニアでして、普段からプレミアリーグ(イングランド)やラ・リーガ(スペイン)を中心に、試合を観戦します。特に、バルセロナ、レアル・マドリー、マンチェスターU&C、リバプール、チェルシーの試合はよっぽど夜遅くでない限りは観ます。アーセナルも好きなチームなのですが、最近はあまり観ません。シーズン中はだいたい毎週末3試合ペースなので、年間で100試合以上は観ていると思います。

考えてみたら僕は年間で、サッカーを100試合、映画を130本、観戦&鑑賞。一本(一試合)を2時間として、計460時間もその二つの趣味に費やしているんですねぇ。独り身だからこその、贅沢な時間の使い方です(笑)。

サッカーは、僕はただ観るのではなく、勝敗の予想もします。応援チームも、ハッキリ分けるタイプです。上記のチームでは、バルサとリバプールのみは応援しますが、残りの4チームに関してはアンチなので、負けるのを観たいがために観ます(笑)。


なのでもちろん僕は、過去のW杯でも開催前に、全試合の勝敗予想と、優勝予想をしておりまして。そして、こう言っては手前味噌ですが、僕は過去の三大会で全て優勝、もしくは準優勝のチームを当てているんですよ! 証明のしようがありませんけどね(サッカー好き仲間と毎回予想を言い合っているので、彼が証人です)!!

【2006年ドイツ大会】
僕の決勝予想
◯イタリアースペイン×
結果
◯イタリアーフランス×

【2010年南アフリカ大会】
僕の決勝予想
◯アルゼンチンーオランダ×
結果
◯スペインーオランダ×

【2014年ブラジル大会】
僕の決勝予想
◯ブラジルーアルゼンチン×
結果
◯ドイツーアルゼンチン×


といってもまぁ、W杯って優勝候補は毎回せいぜい5チームほどですし、そこから2チームを抽出して片方が合っていたというだけなので、これ自体はたいしたことではないのですが・・・。

ロシアW杯の優勝候補は、僕の分析では
ドイツ・ブラジル・スペイン・フランス・ベルギー
だけですね。他はムリです。戦力or組織力の、レベルが違います。アルゼンチンも、超一流なのはオフェンス陣だけで、中盤から下は平均以下ですので、今回は全然ダメです。



というわけで、ここからは予想、というか完全に妄想の世界に入ります!!!



まずは日本が入った、グループH。ここだけ、詳細に!!

第一節
① コロンビア ◯3−0× 日本
得点:ファルカオ1、ミナ1、ハメス1
前回大会以上に攻守共に隙のない、強国コロンビアに対し日本、成す術無し。

② ポーランド ×0ー2◯ セネガル
得点:ケイタ1、ソウ1
2002年の開幕戦の衝撃、再び! スピードに難のあるポーランドDF陣が、セネガル超速3トップ相手にキリキリ舞い。

第二節
③ 日本 △1ー1△ セネガル
得点:マネ1、吉田1
セネガル攻撃陣に圧倒され一方的な展開ながらも、終盤に吉田がセットプレーから起死回生のヘッド一閃。

④ ポーランド △2ー2△ コロンビア
得点:ファルカオ1、レバンドフスキ1、ジエリンスキ1、ムリエル1
個人技のコロンビアにポーランドが組織力で対抗。一進一退の好勝負に。

第三節
⑤ 日本 ×1−3◯ ポーランド
得点:大迫1、レバンドフスキ3
共に勝ち点1同士、しかしポーランドはセネガルに完敗(日本は引き分け)、ということで世間では謎の「日本、行けるぞ!」な盛り上がりをみせ、さらに先制をしたことでそれが最高潮に達するが、終わってみればレバンドフスキの爆発で完敗。あえなく、予選リーグで敗退。

⑥ セネガル ×1ー2◯ コロンビア
得点:ハメス1、マネ1、ファルカオ1
共に勝ち点4同士、引き分けでもOKという空気の中、同点で終了かと思いきや、終了間際のファルカオの得点でコロンビアが空気を読まない勝利。しかし、セネガルも得失点差で無事に決勝トーナメント入り。

・・・で、1位コロンビア、2位セネガル!!






日本ではなぜか楽観論が多いような気がしますが(いつもそうか)、今回のグループHは3強1弱の構図(もちろん、1弱は日本)です。特に攻守共にワールドクラスを揃えたコロンビアの実力は、今やアルゼンチンよりも上。そしてセネガルは、アフリカ勢で最強。ポーランドには、恐怖のゴールマシン・レバンドフスキ。とてもじゃないけど、日本は勝ち上がれません。2010年の時のような、1強3弱の構図の方が、日本にはチャンスがあるのです。




続いて、グループリーグを一気&雑に予想・総ざらい!!


【グループA】
①ウルグアイ  7
②ロシア    5
 エジプト   4
 サウジ    0
まぁ、順等に。ロシアはホームの利を活かし、しぶとく突破。カバーニ(ウルグアイ)が、グループリーグだけで5得点の活躍。




【グループB】
①スペイン   7
②ポルトガル  6 
 イラン    2
 モロッコ   1
スペインとイランが、まさかのスコアレス引き分け。しかし他には大きな波乱なく、結果的には順当。




【グループC】
①フランス   9
②デンマーク  4
 ペルー    2
 オージー   1
最終戦でオーストラリアとペルーが引き分けたことで、デンマーク、辛くも突破(しかしここから波に乗る)。




【グループD】
①アイスランド 6
②アルゼンチン 6
 クロアチア  4
 ナイジェリア 1
初戦、アルゼンチンがアイスランドに破れる大波乱。しかし、その後はメッシの活躍による2連勝で突破。クロアチアは、初戦ナイジェリア戦の引き分けが痛かった。




【グループE】
①ブラジル   7
②セルビア   7
 スイス    3
 コスタリカ  0
ブラジルとセルビアが共に圧倒的な2連勝で、3節を待たずにグループ突破。特にセルビアの出来が素晴らしく、ブラジル戦にも勝利寸前。全グループでの最大のサプライズに。




【グループF】
①ドイツ    9
②メキシコ   4
 スウェーデン 4
 韓国     0 
ドイツの圧倒的な強さが際立つ。メキシコとスウェーデンは、最終節に激闘。韓国は、今回は完全に草刈り場に。


     

【グループG】
①イングランド 7
②ベルギー   7
 パナマ    1
 チュニジア  1
完全に2強2弱の展開で、波乱もなく、最もつまらないグループに。得失点差で、イングランドが1位。




決勝トーナメント

【ベスト16】
① フランス   3◯ー×1 アルゼンチン
② ウルグアイ  1×ー◯2 ポルトガル
③ スペイン   2◯ー×0 ロシア
④ アイスランド 0×ー◯1 デンマーク
⑤ ブラジル   3◯ー×0 メキシコ
⑥ イングランド 2◯ー×1 セネガル
⑦ ドイツ    1◯ー×0 セルビア
⑧ コロンビア  2×ー◯3 ベルギー

ベスト16って、なぜか毎回、いわゆる列強国ではない国同士の試合が一つはあるもんなので、今回はアイスランド対デンマークで(笑)。快進撃セルビアも、ドイツには敵わず。代わって、エリクソンが覚醒したデンマークが勢いに乗る。

【ベスト8】
① フランス 2◯ー×1 ポルトガル
② スペイン 0×ー◯2 デンマーク
③ ブラジル 2◯ー×2 イングランド
④ ドイツ  0×ー◯1 ベルギー

デンマーク、スペインを破るミラクル。ドイツの連覇の夢は、初戴冠に燃えるスター集団ベルギーに打ち砕かれる。イングランドは、またしてもPKに泣く。

【ベスト4】
① フランス  1◯ー×1 ブラジル
② デンマーク 1×ー◯2 ベルギー

ブラジルは2戦連続のPK、そして敗退。ベスト8で優勝候補を破った国同士の対戦は死闘となり、ベルギーに軍配。

【3位決定戦】
① ブラジル 4◯ー×0 デンマーク
前戦で力尽きたデンマークが、一方的な展開による敗戦。ジェズス(ブラジル)、ハットトリック。

【決勝】
① フランス 1×ー◯2 ベルギー
延長後半、途中出場カラスコの劇的な決勝ゴールが決まり、ベルギーの勝利。


優勝  ベルギー
MVP   デ・ブルイネ(ベルギー)
得点王 グリエーズマン(フランス)
    ジェズス(ブラジル)
得点ランキング
 6点 グリエーズマン
    ジェズス
 5点 カバーニ(ウルグアイ)
 4点 ミュラー(ドイツ)
    レバンドフスキ(ポーランド)
    エリクセン(デンマーク)
 3点 ネイマール(ブラジル)
    ファルカオ(コロンビア)
    メッシ(アルゼンチン)
    エムバペ(フランス)
    ルカク(ベルギー)
    ヴェルナー(ドイツ)
    アセンシオ(スペイン)

ベストイレブン
FW グリエーズマン
    ネイマール
    エムバぺ
MF デ・ブルイネ
    エリクセン 
    パウリーニョ(ブラジル)
DF アンデルワイレルド(ベルギー)
   コシエルニー(フランス)
   ムニエ(ベルギー)
   コラロフ(セルビア)
GK シュマイケル(デンマーク)


・・・と、いうわけで僕の優勝予想は、ベルギー! 準優勝は、フランス! 躍進予想は、アイスランド、セルビア、デンマーク!!



ロシアは寒く、乾いていますからねぇ。どシンプルに、寒い地方の国が有利です。よって南アメリカ勢、アフリカ勢には厳しい。過去、ロシアリーグに多くの選手を送り込んできたブラジルのみは経験が豊富で、温かい国々の中では唯一の健闘ですかね。

あと、個人的には今回は、デカい選手を揃えた国が強い気がしまして(強い根拠はありません)。出場32ヵ国の内、代表選手の平均身長が高い国を上から順に描くと、

セルビア   185.9cm
デンマーク  185.5cm
ベルギー   185.1cm
スウェーデン 185.1cm
アイスランド 185.0cm

でして、これを基準に僕は躍進国の予想をしております。スウェーデンだけグループ敗退としましたが、イブラヒモビッチが出るのなら、良い方に作用がありメキシコに勝ってグループ突破だと思います。



というわけで今回は、見事に僕のサッカー観戦オタクっぷりが丸出しになった記事となりました。グループの組み分けが決まっただけで、ここまで妄想してしまうというのは、オタクというよりもむしろ変態ですね。予想がハズれまくっていたら、ネタにしようと思うので、笑ってやってください。当たりまくったら、ドイツのタコ「パウル君」のように、国内外からの取材の申し込みが殺到したらいいなと思います。


こんな自己満足な記事(笑)に、長々とお付き合いくださり、どうもありがとうございましたですよ!





2018年1月24日水曜日

もはや、飽和ですらない。パンデミックだ!!




どうもです。


なんだかいつものユルい前置きを書く気分でもないので、いきなりの本題ですが、僕はこのブログ、昨年7月24日の記事“何処も儲からなくて・・・夏”にて/


〜2013年末まで   35軒
 2014年     +15軒
 2015年     +20軒
 2016年     +40
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 2016年末   計110


でして、昨年の後半は僕の予想をはるかに上回る、新規オープンがあったわけです。

そして今年はというと、この7月末の時点で、さらに30軒ほど増えています。よって間違いなく、今年中には合計が150軒を越えます。/



・・・と書きました。そしてそれから半年が経ち、今回僕は、久しぶりに“どれだけ増えてんだろ?”調査をしたくなりまして。さらに遡ること昨年4月12日の記事“都内100軒以上の宿の、屋号名をまとめる!”にて僕は一度、宿リストを作っておりまして、当時のリストにはない名前をブッキングサイトで抽出するだけなので、簡単です。


その昨年4月の記事の時点では、僕は都内の全宿数を130軒とお伝えしました。そして今回、改めてブッキングサイトhostelworldとbooking.comを掘り下げ、当時に存在していなかった宿名をメモって行くと・・・


その数なんと・・・


なななんと・・・


+69軒!!!


8〜12月のたったの五ヵ月間に、40軒近くも増えたわけですね。新規の宿々さんはおそらく、この業界の現状、あまりの集客できないっぷりに、驚愕したことでしょう(笑)。

一方で、名前が見当たらなくなった宿も、6軒ほどありまして(おそらく、潰れたのでは?)。130+69−6=193で、現在東京都内にあるホステル・ゲストハウスの数は、193軒。もはや、200軒が目前です!!
(それなりに正確な数字のはずですが、もちろん見逃し等の可能性もあり、というかそもそも宿のカテゴリ分け自体が曖昧さを含むものなので、アバウトに捉えてください)


なので、最初に載せた昨年7月の記事の「今年中には合計が150軒を越えます」は、間違えてはいないものの大幅に、見通しが甘かった!! 甘すぎた!!!
この業界、供給過多の飽和状態は数年前から明らかでしたが、今や飽和という言葉すらハマらず。“オイラもゲストハウスやるだぁ病”の感染爆発、パンデミックです!!


その上で、冒頭の表を昨年末までのものに更新すると、


〜2013年末まで       35軒

 2014年    +15軒  50軒
 2015年    +20軒  70軒
 2016年    +40軒 110軒
 2017年    +80軒
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 2017年末       計190軒

  
・・・って、おいおいおいおいお〜い!!! 増加っぷりが、【+20】→【+40】→【+80】と、倍々ゲームになっているやんか!!!!! この調子で行くと、2018年は【+160】ってことかぃな!? さすがにそんなわけはないでしょうが、ヘタしたら有り得なくもない・・・。ちなみに、上に+69軒と書いたのに表では+80軒になっているのは、+69軒は昨年4月12日〜今日までの数字で、+80軒は2017年いっぱいの数字だからですよ(書かなくてもわかると思いますが)。ややこしくてすみません。


というわけで、同じく昨年7月に載せた業界の未来予測の画像も、改めての下方修正。自分で書いておいてなんですが、悲惨すぎて、泣けてきます・・・。ぐあぁ〜。






2017年の東京都内のホステル&ゲストハウスの稼働率平均は、45%! そして2018年は、35%!! これはあくまで推測の値ですが。最近はウチ以外の宿々のブログにも、「この一年で稼働が30%も落ちました」という一文を見つけたり、違う宿では「今冬の稼働平均は20%です(涙)」とあったりと、そんな「ヤバいよ!」な発信がじわじわと見受けられるようになっておりまして。業界では勝ち組とされている方々の発信にすら、最近ではかなりの危機感が見えます。ウチもそこまで厳しくはないものの、今月と来月はほぼ間違いなく稼働50%割れでして、すなわち、赤字です。

というかこの未来予測は、話題に挙げる度に下方修正しているので、現実はおそらく上記の表よりも、悪くなります。来年が35%だというのは、もはや「それで済めばいいな」というレベルの話です。



・・・といっても、現状や未来を悲観してばかりはいられません。

感染病には、解毒剤が必要です。僕は受け身な性格では全くありませんので、「いつかよくなればいいな」や「誰かがどうにかしてくんないかな」的スタンスには、なりません。傍観してるだけじゃあ、つまんないですし。というわけで、レッツ・シンキング。



【業界全体のために出来ること】
(他の宿々と協力&連携して、が前提)

・違法宿の駆逐
前述の都内193軒の内の、50軒以上はおそらく、役所に届けの無い無許可・違法宿です。役所に行けば簡単に判明しますので、違法宿のリストの作成を検討中です。

・闇民泊の撲滅
6月に民泊新法が施行されますので、それまでは今後の展開予測が難しいですが。施行後も悪しき現状が全く改善されないようなら、通報や訴訟も含めた、かなり荒っぽい対応をすべきかもしれません。個人的なアクションとしては、考えているアイデアがあることはあります。


【家族or個人で経営する小規模ゲストハウスのために出来ること】
(焦点がボヤけるので、企業経営の巨大宿やドミトリーホステルとは、きっちり区分けします)

・より強固なネットワークを作る
個々の宿がそれぞれで活動するよりも、まずはオーナー同士が団結して、小規模ゲストハウスそのものに対して新規顧客に興味をもってもらう。僕はイベント等の活動参加があまり得意ではないので(笑)、主にはSEO(ネットでより検索&閲覧してもらう)対策の話です。まずは、ハブとなるサイトの作成に動くべきですかね。

・世間一般(主に若者たち)へのプロモーション活動
小さなゲストハウスならではの魅力を、より発信します。“◯月◯日に〜で周知イベントをします”では普通過ぎるので、もっとインパクトのある仕掛けが必要ですね。これも僕は、アイデアがあることはあります。一部のチート&ポエマー連中がよくやっている、「そもそもゲストハウス好きな内輪の者々を集めた、中身の無い有料のセミナー」とは、全く違いますよ(笑)。

ちなみに、来来small guesthouseさん等、すでに行動を起こされているコミニュニティもあります。


【我が宿、YAWP! backpackersのために個人的に出来ること】

・ブッキングサイトの登録先を増やす
現状はhostelworldとexpediaの二つのみですが、以前に書いた通り、ウチの今年前半の合計泊数が1000に満たなければ(そうなる可能性が大)、7〜8月中にさらなるサイトへの登録に動こうと思います。

・広告媒体の制作
僕は元・絵描きなのに、というかそれ系の会社で働いたこともあるくせに、リーフレット等には、これまで全く手を付けておりませんでして。イラレ&フォトショの調子が悪いし、正直メンドいし、その割にたいして効果がなさそうだし(笑)。最低限、leavingゲストがサラッと取って行けそうな簡単な物は作ろうかな、と検討中。

・冬眠
今後、いろいろ手を尽くしても稼働が落ち続けるようなら、このパンデミックが落ち着くまで、しばらく宿を閉めてしまうのも一つの手です。賃貸ではない、持ちビルだからこその強み、奥の手中の奥の手ですね(笑)。



僕がネットワークを強化したいと思っている小規模ゲストハウスとは、

・もちろん、合法
・ベッドキャパが20以下
・個人、もしくは家族経営
・東京都23区内にある
・値段をコロコロ変えない
・胡散臭いセミナーやコンサルタントに関わっていない
・ゲストに直に接客する宿主の存在自体が、宿の大きな魅力
・クールではなく、ホーミー&コージー

・・・なところです!!! 東京以外の宿々さんとは、たとえば大阪なら大阪で固まってもらって、いずれはコミュニティ同士で繋がり合えればいいな、と思います。



上記のような宿は、都内193軒の内に、何軒ありますかね〜。すでに、僕なりにそれなりに仲良くさせていただいている、業界ネットワークはありますが。というかブッチャケ、このブログの閲覧者の多くが、ゲストハウス開業志望者か業界関係者なのを、僕は知っておりまして(いつも、ありがとうございます)。今回の記事は、どちらかというと業界関係者向けですね。


さぁさぁ、小規模ゲストハウス・オーナーの皆さん、皆のアイデアでもって、この苦境を果敢に楽しく乗り越えましょうぞ!!!



ゲストたちと大相撲観戦!




2018年1月13日土曜日

2017年 映画総括!!



新年! 寒ぅ〜い!!


宿は一週間の正月休みを終えて、昨日から再開しております。明日まではヒマですが、明後日以降の二週間は毎日が6〜10人の予約の受けっぷりなので、フルの日はないものの、いい感じに程よい忙しさになりそうです。といっても、“三泊目無料キャンペーン”を開催している関係上、今月は赤字になることが濃厚です。今現在の予約状況で、実質総泊数が120ほどなので、150には届かないと思われます。相変わらずノーショウ等も発生するでしょうし。

ちなみに、本日ウチに泊まっている四人のゲストの内、二人は出戻り(年末年始にウチに泊まり、十日ほど京都などの地方をまわって帰って来た)なのですが、彼ら曰く「5つの宿に泊まったけれど、どこも超スカスカで、最も多いところでもゲスト6人だった」そうで。中にはベッドキャパが100近い巨大宿も含んだ上での、最多で6人。この冬、日本全国で、どれだけ稼働率が低いのでしょうか・・・(涙)。




さてさて、話は大きく変わります。今回は昨年の1月にもやりました、一年間に日本で公開された映画の、総括です。昨年は、僕は劇場で22本、DVDで98本、テレビで16本、合計で136本の映画を鑑賞しました。一昨年は計125本でしたので、全体の本数は増えましたが、劇場での鑑賞数は微減です。

これは旧作も含めた数字ですが、僕は基本的に、DVDは新作のみを借ります(というか旧作で興味のある作品のほとんどは、すでに観終わっている)ので、この136本の内の半分以上は、2017年に公開された作品です。なので、“劇場公開日が2017年内の映画”という括りで、私的ベスト10をここに発表しようと思います。


ちなみに、一昨年に公開された映画も、僕はもちろん昨年中に新作DVDでたくさん観ておりまして。それを含めての2016年のトップ10ランキングは、このように修正します。

NEW⑩ 人間の値打ち
NEW⑨ 帰ってきたヒトラー
  ⑧ ブルックリン
NEW⑦ オマールの壁
  ⑥ PK
  ⑤ 葛城事件
  ④ ローグ・ワン
  ③ ザ・ギフト
  ② シビル・ウォー キャプテン・アメリカ
NEW① この世界の片隅に

四本も後付けランクインさせたどころか、よりにもよって1位を変えちゃいました(テキトウですみません)。“この世界の片隅に”は、脳にガツンッと来る圧倒的な素晴らしさだった! “アニメは劇場で観ない主義”なんか捨てて、DVDを待たずにさっさと観ていれば良かったです!!




というわけで、ここからは2017年のランキングの発表!!


まずは、惜しくも選外となった映画を5本(公開日が早かった順)です


The NET  網に囚われた男(1.7/韓国)
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(5.20/イタリア)
20センチュリー・ウーマン(6.3/米)
ジーサンズ はじめての強盗(6.24/米)
スター・ウォーズ 最後のジェダイ(12.15/米)

スター・ウォーズは、エンタメとして充分に満足できる面白さだったものの、どこか漂う「これじゃない」感、特に主人公の成長の描写の薄さが、マイナス要因でした。



それでは、ベスト10の発表!! タイトルの後の(〜/〜)は、日本での劇場公開日と製作国です。




【10位】

ナイスガイズ!(2.18/アメリカ)


僕はバディムービー好きですが、そのジャンルでは久々に現れた優良作。主人公二人組のキャラの違いや距離感、物語上の役割分担、すべてのバランスがいい。おませな娘やバカな悪党一味等の、脇役陣も魅力的。素晴らしい演技だらけで、皆、楽しそう。撮影現場の雰囲気は、相当に良かったのではないかと推測します。ポップで明るく痛快に難事件を解決、クスッと笑える小ネタも満載。超名作!というわけではありませんが、誰にでもおススメできる作品です。







【9位】

光をくれた人(5.26/米&豪&NZ)


好きな監督、デレク・シアンフランスの作品ということで、少々過剰評価かもしれませんが。この映画はとにかく、映像が美しい。テレンス・マリックの“天国の日々”に匹敵するレベルで、それだけでも鑑賞の価値有りです。物語には、感動どころかむしろ、イライラさせられましたけどね(笑)。いろいろあって暴走しだす妻を、ひたすらに支える夫。自分の幸せを追求する妻と、妻の幸せが最優先の夫。この作品を観た女性は、彼女をどう評価するのか、共感するのか不快に思うのか、ぜひ聞いてみたいです。







【8位】

希望のかなた(12.2/フィンランド)


これまた大好きな、アキ・カウリスマキ監督の新作。彼の映画は、大きな抑揚が無く、物語も演技も淡々としていますが、常にユーモアと強いメッセージが込められており、そしてどことなくチャーミングなんですよ。今作も、戦争難民という難しい問題にメスを入れながら、フィンランドの現状、社会情勢を映し出すことに成功。しかし決してネガティブな着地はせず、タイトルの通りに、優しく朗らかで希望のある物語です。この監督は、人間が好きなんですねぇ。






【7位】

わたしは、ダニエル・ブレイク(3.18/英&仏&白)


一方でこちらは、イギリスの労働者階級の人々の現状をさらけ出すことに成功。上記の“希望のかなた”も今作も、政府の冷たさをド直球で訴えており、人間どうしが支え合える愛や余裕が世界的になくなって来ていることがわかります。
主人公ダニエルは、孤独で貧乏ながらも本当に親切な“弱者を放っておけない”性格で、しかしそんな彼が政府にとことん虐げられる?ことで、観客はナチュラルに彼を応援する気持ちに。彼の温かさが作品全体も柔らかくしていますが、内用された毒にはアナーキー色が強く、名匠ケン・ローチ監督の「政府、クソ食らえ!」熱を強く感じます。







【6位】

ゲット・アウト(10.27/アメリカ)


5位か6位かで迷いました。どちらも、サスペンスとしてかなり優良。こちらは、サスペンスというよりもホラーに近いですが。物語は、黒人の彼氏を連れて実家に帰り両親に紹介する、という流れが軸で、てっきり黒人を受け入れない古いタイプの差別的な白人家族が、彼をヒドい目にあわせる話かと思いきや・・全然違った・・・。中盤から意外な展開が怒濤のように続き、「何じゃこりゃ?」って感じなのですが、全く破綻はせず、強引ながらも納得させられる力があり。珍作ですが、かなりの頭の良さを感じる、秀逸な脚本です。







【5位】

エンド・オブ・トンネル(1.28/アルゼンチン&スペイン)


単館での短期公開で、掘り出し物感があります。クライム・サスペンスとしては、2017年のno.1。事故で足が不自由になり車椅子生活の主人公が、悪党グループの銀行強盗の計画を知り、それを止めるために奮闘・・・ではなく、連中の金をこっそり奪い取ることを決意!観客は、悪党たちの銀行襲撃計画と、その裏をかこうとする主人公の計画を同時に見せられるわけで、とにかく展開が上手い。序盤から伏線を張りまくりで、終盤に畳み掛けるようにそれらを回収。
彼の計画にワクワク、実行にドキドキ、ピンチにハラハラシンプルに面白かった!







【4位】

スウィート17モンスター(4.22/アメリカ


昨年の“ブルックリン”でも書きましたが、僕はもちろん人間の成長を描いた映画が好きでして。この作品は、数年前に観た秀作“ローラーガールズ・ダイアリー”にも通じる、思春期まっただ中でヒネくれちゃったモラトリアム全開の少女が、いろいろあってちょっぴり大人になるまでの、成長記です。主人公がムチャクチャながらも魅力的で、もちろんそれがこの作品の最大の強みなのですが、それよりもいいのは脇役陣。いい意味で、彼女を放任するんですよ。この、説教臭くない感じ。周囲の優しさ、温かく見守ろう感に、しみじみとほっこりします。








【3位】

女神の見えざる手(10.20/フランス&アメリカ)


僕の大好物、どんでん返し系映画の中では昨年のベスト。アメリカの政策ロビイスト(政策を実現させるために根回しをする戦略家)の話で、銃規制の法整備のYESとNO、二派のぶつかり合いを描きます。政治の生々しい裏側、政治家の汚職・犯罪・暴露、何でもありの汚いやりとりが、シーソーゲームのように展開されます。といっても決して堅苦しいわけではなく、政治に興味が無い方でも、すんなりと入って行けると思います。2時間強がアッという間で、エンタメとしても優秀。クライマックスのカタルシス、「うぉ〜!きたきたぁ〜!!」感が凄いです。








【2位】

新感染 ファイナル・エクスプレス(9.1/韓国)


単純な“面白さ”でいえば、この映画が昨年のベスト。シンプルなゾンビ映画ですが、いわゆるステレオタイプなゾンビ描写(トボトボ歩きの鈍い動き)にはせず、動きがキレッキレで疾走感がハンパない。メインの舞台を、一台の新幹線の中、という設定にしたのも上手い(それにリンクさせた邦題も上手い)。主人公と一緒に逃げるメンバーも、キャラクターや人数構成(減り具合)のバランスがよく、本当の悪はゾンビでなく人間だ、という展開にしたのも素晴らしい。意外な伏線の気付きと、それの回収っぷりにも涙。韓国映画は、最近は当たり外れが大きいイメージですが、これは間違いなく傑作です。






【1位】

ラ・ラ・ランド(2.24/アメリカ)


この映画は、僕のこれまでの人生の映画ベスト10に入ったくらいでして、断トツの文句なしでの2017年のベスト。しかし過去にこのブログにて二度も熱く語っている(よろしければ下記のリンクを)ので、クドいのもなんなのでここでは割愛します(笑)!!

三年目に突入した今、思うこと。(3.27) 

改めて、映画「LA LA LAND」を語る!(8.20)








今年、2018年は「キングスマン2」はすでに観ておりまして(イマイチだった)、今後に間違いなく観に行くつもりなのは「スリー・ビルボード」「THE PROMISE/君への誓い」「ブラックパンサー」「ダウンサイズ」「レディ・プレイヤーワン」「デッドプール2」「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」「パシフィック・リム2」「ハン・ソロ」あたりですかね。すさまじい超大作ラッシュ。ロシア・ワールド杯がある分、昨年よりは鑑賞本数は減ると思いますが、相変わらず100本は越えることでしょう。う〜ん、楽しみ!!




最後に、
2017年公開映画、僕が観た計70本を総まとめ!!
(評価&公開が早い順、“劇”は劇場での鑑賞)

★★★★(7本)
 ⑤エンド・オブ・トンネル
①ラ・ラ・ランド
⑦わたしは、ダニエル・ブレイク
 ④スウィート17モンスター
②新感染 ファイナル・エクスプレス
③女神の見えざる手
⑥ゲット・アウト

★★★★(25本)
 ⑭The NET 網に囚われた男
  ショコラ ~君がいて、僕がいる~ 
劇 ドクター・ストレンジ 
  ホームレス ニューヨークと寝た男 
  エリザのために
  雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
 ⑩ナイスガイズ!
⑱キングコング:髑髏島の巨神
劇 T2 トレインスポッティング
  メットガラ ドレスをまとった美術館
 ⑳カフェ・ソサエティ 
劇 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
⑰マンチェスター・バイ・ザ・シー
  トンネル 闇に鎖(とざ)された男
 ⑬皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
⑨光をくれた人
劇 LOGAN/ローガン
 ⑮20センチュリー・ウーマン
 ⑲22年目の告白-私が殺人犯です-
 ⑪ジーサンズ はじめての強盗
  バイバイマン
劇 スパイダーマン:ホームカミング
⑯マイティ・ソー バトルロイヤル
⑧希望のかなた
⑫スター・ウォーズ/最後のジェダイ

★★★(23本)
  NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム
  ネオン・デーモン
  未来を花束にして 
  インビテーション
  グリーンルーム
  ペット 檻の中の乙女
  哭声/コクソン
  パッセンジャー
劇 ムーンライト
劇 はじまりへの旅
  LION/ライオン ~25年目のただいま~
  ジェーン・ドウの解剖
劇 セールスマン
  ハクソー・リッジ
  ディストピア パンドラの少女
  プリズン・エクスペリメント
  アメリカン・ヒーロー
  ボーイ・ミッシング
  ワンダーウーマン
  エイリアン:コヴェナント
  グッド・タイム
劇 ジグソウ:ソウ・レガシー
劇 ジャスティス・リーグ

★★(10本)
  マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
  素晴らしきかな、人生 
  お嬢さん
  午後8時の訪問者
  ノー・エスケープ 自由への国境
  フリー・ファイヤー
  スプリット  
  ありがとう、トニ・エルドマン
  狂覗
劇 ダンケルク

★(5本)
  ダークレイン
  ストロングマン 
  人生タクシー
  コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~
  ウーナ


〈観たかったけれどまだ観ていない、DVDが待ち遠しい映画〉
ローサは密告された
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
ベイビー・ドライバー
わたしたち
ドリーム




2018年1月3日水曜日

例年通りの、脱力宣言!



2018年!

明けましておめでとうございます!!

今年もYAWP! backpackersならびにこのブログを、よろしくお願いいたします!!!




まずは、月初めのいつものやつです!


【YAWP!来泊ゲスト国籍 トップ10(2015年4月〜:計1913)】

 ①アメリカ     305
名(+4
 ②日本       255 (+10)
 ③イギリス     223 (+9)
 ④オーストラリア  190 (+6)
 カナダ      165 (+2)
 ⑥ドイツ       96 (+3)
 ⑦フランス      57 (+3)
 ⑧台湾        53 (+3)
 ⑨ニュージーランド  41 
 ⑩スウェーデン    39 



【新規ゲスト数(泊数:日数平均:稼働率(キャパ))月別まとめ】

2015】
4月:22( 81:3.68:22%(12))
5月:28(132:4.71:35%(12)
6月:11( 60:5.45:17%(12)
7月:65(205:3.15:59%(12)
8月:98(312:3.18:93%(12)
9月:79(278:3.52:93%(10)
10月:91(253:2.78:94%(10)
11月:74(227:3.07:84%(10)
12月:84(229:2.73:82%(10)
【2016】
1月:59(198:3.36:73%(10)
2月:55(194:3.53:78%(10)
3月:72(242:3.36:83%(10)
4月:83(275:3.31:85%(12)
5月:100(278:2.78:80%(12)
6月:26( 72:2.77:60%(10)
7月:45(139:3.09:61%(12)
8月:81(247:3.05:66%(12)
9月:64(215:3.36:90%(10)
10月:56(152:2.71:61%(10)
11月:42(112:2.67:45%(10)
12月:68(191:2.81:68%(10)
【2017
1月:50(190:3.80:79%(10)
2月:22( 81:3.68:58%(10)
3月:55(151:2.75:97%(12))
4月:75(238:3.17:79%(12)
5月:61(185:3.03:57%(12)
6月:19(126:6.63:84%(10)
7月:54(186:3.44:55%(12)
8月:66(234:3.55:75%(12)
9月:39(149:3.82:54%(12)
10月:67(230:3.43:74%(12)
11月:50(151:3.02:52%(12)
12月:52(167:3.21:57%(12)

計:1913(6175:3.23:68%※)
※稼働率のみ、直前一年間の平均




名目総泊数は190泊なので、無料泊分は23泊だったことになります。実際(無料泊を含む)の宿泊日数平均は、3.65です。日本人(10人・20泊)を除いた外国人ゲストのみの泊数平均は、4.05です。


先月は、実質総泊数は167でしたが、ブッチャけると予約状況としては、190代後半には達していました。僕は中旬に、それまでの滞在数と滞在予定数を元に計算し、「おっ、この調子なら200泊越えるかもYo!」となっておりましたので。しかし、15日頃から26日頃までの二週間弱に、ノーショウ&直前キャンセルがほぼ毎日、
怒濤のように発生しまくりまして。

直前のキャンセルが、新たな違うゲストの予約で補填されたケースもありますので、おそらく、この期間にノーショウ&直前キャンセルで消えた泊数は、40に近くなります。いやぁ、ほんっとヒドかった・・・。よってこの二週間は、僕は久しぶりにストレス溜まりまくりの日々でした。それに引きずられる形で、いまだに仕事テンションがいまいち上がりません。

中には、ノーショウで来なかった上に、しばらくしてから電話をかけ、「キャンセルしたつもりだったけど、なぜかできていなかった。なので、クレジットの引き落としはしないように」と、わざわざ言って来た方までおりまして。その理屈、さっぱり理解できない。もちろん、そんなワガママは僕には通用しませんし、ケンカになりましたよ(笑)。

日本人ゲストのノーショウも、ついに発生。これまで、日本人ゲストは全員ちゃんと来てくれていたんだけどなぁ。というか今回のこの大量のノーショウ&直前キャンセルは、ほとんどがexpedia経由での予約です。この問題、booking.comではさらに輪をかけてヒドいそうなので、他の宿でもテンヤワンヤだったのかもしれませんね。





さてさて、話は変わり、いきなりですがYAWP! backpackersは、先の3月でオープンから三年、そして今はhostelworldに掲載してまともな運営をするようになってから、ちょうど二年半のタイミングでして。


よって、ここいらで、この二年半の経営の数字的なまとめをしようかなと思います。年が変わったことですしね。初年度の4〜6月、“オープン〜hostelworldに載せる前”の三ヵ月間は、僕の中ではアイドリング期間のような位置づけなので、スルーします。なんとなくまとまりがいいので、半年ごとに区切って分析します。







これを見ると、総泊数比は半年ごとに【▼245】→【203】→【85】と三期連続で減少しておりましたが、2017年後期は【△146】と、どうにか盛り返しました。理由は言うまでもなく、7月からexpediaでの予約受付を開始したからです。hostelworld単独での集客がジリ貧状態だったので、その穴をexpediaによって埋めた形ですね。


年間で見ると、総泊数は2016年が2315、2017年が2088ですから、明らかに減ってしまっているわけですが、これも原因ははっきりしておりまして。休日が、2016年が65→2017年が95で、要するに「さらに休んだので、さらに減った」ということです。ゲストの総泊数を営業日数で割ると7.7くらいになりますので、2017年は2016年よりも30日も多く休んだ→30日×7.7泊≒230泊少ない、と計算すると、2016年と2017年の実質的な集客実績は、たいして変わらなかった、ということになります。


expediaに登録したというのに、「改善した」ではなく「変わらない」なので、全く良いことではないのですが。まぁ、それが現実です(涙)。この業界の昨今のたいへん厳しい状況の中で、むしろ、我ながらよくやっているとすら思います。


ウチは月150泊が損益分岐点なので、2017年の月平均174泊でも、いちおう黒字です。しかし今後もせめて、年間計が2000泊くらいはないと、僕の生活はカツカツの一歩手前で余裕なしです〜。今年も前半期に計1000泊を下回るようなら、さらなるブッキングサイトへの登録を検討するかもしれません。休みを減らす、という手段もモチロンありますが、ブッチャケ僕としては、むしろもっとたくさん休みたいのですよ・・。まぁ、今年は計100日以上は休まないようにします。最近は友人たちからも「お前、休みまくってんなぁ」とツッコまれる始末なのですが、怠慢ではなく無欲、と捉えていただけると幸いです(笑)。


そんな、「年間2000泊は維持しなきゃ but 100日休みたいのねん」のために、“ヤバくなったらサイト登録先を増やす”を繰り返して、再来年のオリンピックまでをしぶとく持ちこたえるしか無いかなぁ。昨年7月に、「この先二年はサイト登録先を増やさないつもり」と書きましたけどね。背に腹は代えられんとですたい。まぁ、その上で今年も変わらずユルくのんびりと、マイペースにがんばります。




さて、以降は業務連絡です。YAWP! backpackersの、2018年上半期の予定です。去年も年始の一発目は、そんな感じでしたので。


① 1月5〜11日までの一週間は、正月休みをいただきます。
普通に実家に帰ったり、映画を観に行ったりします。たぶん、独りディズニーも敢行します。

② 1月14日〜2月24日までは、再びの【2泊したら3泊目は無料!ただし3泊目が金曜or土曜or祝前日の場合は除く】キャンペーンを実施します。
他宿が、2000円以下設定だらけですのでね・・(涙)。

③ 2月25日〜3月8日までの12日間は、少し早めの春休みをいただきます。
とりあえず、確定申告を早めに終わらせます。今回は僕は、海外には出ません。

④ 3月9日〜6月14日は、がんばって働きます。
たぶん途中、4月の後半あたりに四日程度は休むと思いますが。夏休みに向けて、貯金せなあきまへんねん。

⑤ 6月15日〜7月11日までの27日間は、夏休みをいただきます。
僕はサッカー観戦マニアですので、ロシアW杯をひたすら観ます。全63試合、完全制覇を目指します。W杯は7月15日までありますが、ラスト2試合はド深夜ではないので、営業には支障無しです。



7月12日以降は、今のところ未定です。



このスケジュールだと、夏休み終了までの休みが計50日間で、ちょうどいい感じでして。サッカーを観まくる6・7月を楽しみに、1〜5月の営業をがんばろうと思います。去年の後半も、「早く新作スターウォーズを観たい!」で乗り切りましたのでね(笑)。



僕は今年、40歳の大台に乗ります。今後もノンビリとほどよく働き、ゲストと楽しい時間を過ごすことで、ささやかな“世の役に立ちたい”欲を満たす。しかし家庭は無く恋人もおらず友達もほとんどいない、孤独なオジさん・・・というキャラの色をじんわりと濃ゆくしながら、僕は少しずつ枯れて行きたいと思います(笑)。



ゲストたちにカレーを作ったりした年末




2017年12月26日火曜日

【平和主義】こそが、日本の最たる宝!!



年末!

宿は今日まではけっこう空いていますが、明日からの一週間はメチャ混みの予定なので、これが今年最後の更新です。 皆さま今年も一年、YAWP! backpackerへのご愛顧を、どうもありがとうございました!!


僕はこのブログ、平均月3本ペースで行きまっしょい、となんとなく決めておりますので、昨年も今年も、きっちり年間で36本です。来年も、ネタがなくなったり熱が冷めたり宿が潰れたりしないかぎりは、きっと36本です(笑)。



今年の僕は、いろいろなことがありましたが、大きな変化は無く。宿の運営面でも僕のプライベート面でも、特に目立つニュースのない、いたって地味な一年でした。全国区のテレビ番組で、醜い裸を晒したくらいかなぁ。あ、久しぶりの海外、タイ旅もしたっけ。どちらも前の冬の出来事なので、ずいぶん昔の感じがしますが。

淡々とした毎日ながらも、それなりに楽しく過ごしていましたが、まぁ、人生ってそんなもんですよね(おそらく皆さんも)。友人と飲んでも、お互いに近況ニュースなんて全くないもんなぁ。

相変わらず、ゲスト以外の方との新しい出会い(一緒に飲むほどの仲になる)がゼロだったのは、残念でしたが。それもまぁ、人生。すっかりアラフォーになりましたが、僕には「いつまでも若々しくアクティブに」という意欲は無く、年相応にいい感じに枯れてやろう、という思惑ですので、そんな地味な毎日とも上手く付き合おうと思います。



というわけで、僕のまわりではそんな感じでしたが、一方で世界の情勢としては、昨年同様に、激動の一年だったと言えます。トランプがアメリカ大統領選挙で勝ったのは昨年ですが、実際に大統領に就任したのは今年の一月です。そして、僕だけでなく多くの人々が危惧していた通りに、彼はこの一年間、見事に世界中を混乱させまくってくれました。


選挙中はあくまでパフォーマンスで、就任後には少しはマトモになり、それなりのバランス感覚をもってくれるのではないかと、僕はちょっとだけ期待していたんですけどねぇ。その期待は見事に、泡と消えました。あんな人が任期まであと三年も権力を持ち続けるというのは、世界の危機と言ってもいいレベルです。アメリカの常識ある方々に、できるだけ早く弾劾してほしいのですが、しかしあまり急ぐと暴走する危険性があり。本当に、厄介。使うことも捨てることもできず、処理のしようがなく災いをまき散らすのみの、核廃棄物みたいなもんです。


この一年間、トランプの功罪の“功”は、皆無といっていいです。もはや僕はトランプを、“ただの見栄っ張りな、無知で無能な厄介者の爺さん”としか見ていません。彼を評価する人がいるのだとしたら、どこが良いのか詳しく教えてほしいです。

内政面で、アメリカの景気がよくなったとか、株価が上がったとか、それらは事実としてありますが、そんなもんはたいした実績ではない。大企業が喜ぶ減税を実施した、それだけのことです。株価って、貧困層にはほとんど関係ないですし。失業率も、2008年のリーマンショック後にとんでもないことになっただけで、それからはずっと回復傾向にあり、別にトランプが大統領になってから大きく改善したというわけではない。

簡単に言うと、トランプの減税政策により、一部の金持ち連中がさらに儲けて、ますます金を転がしやすくなった。そうして富裕層がより多くの富を得た一方で、国としての経済成長はできていないので、一般の国民は何一つ恩恵を受けていない。要は表面をキレイに見せているだけの、ハリボテの景気回復なのです。ウチに来るアメリカ人ゲストで、「今のアメリカの景気はいいぜ〜」なんて言う人は、この一年で一人もいませんでしたよ。

しかしまぁ、僕は日本人なので、アメリカの景気がうんぬんは別にどうでもいいです(アメリカの景気の上下は、日本にも影響を及ぼしますけどね)。それよりも、何よりもトランプのダメな点、愚かで最悪なのは、外交の面です。


大統領選挙の際の、数々のトンチンカンな発言から推測するに、この人、外交は本当に何もわかっていない。世界情勢の知識に、著しく乏しいとしか思えない。おそらく、各国の関係性くらいは知っていると思いますが、これまた表面上の理解でしょう。世界各国、現地の人々の生の感覚、怒り、悲しみ、それらをわかっているとは到底思えない。そもそも、わかろうとしていない。


先日の、「イスラエルの首都をエルサレムと認定する」発言。あれがどれだけ危険なことかを、知らない時点で愚かすぎる。世界中の首脳陣から非難を浴びたのは当然のことで(安倍は沈黙したが)、事前にそれを予測できなかった時点で、大統領の資格無しです。


エルサレムの問題、イスラエルとパレスチナの領土争いは、双方で完全に相譲れなくなっており、事実上の棚上げだったわけです。いわばジェンガの最終局面のような状態で、触れば崩れるのです。戦争になるわけです。

しかし、ここしばらくは大きな混乱はなかったのです。もしかしたらこのジェンガは、少しずつ根が張り、触っても簡単には崩れないようになり、平和への糸口が見つかるかもしれない・・・と世界中が期待していたタイミングで、いきなり横から金髪の爺さんがそれをブチ壊した。


トランプのこの発言で喜んでいるのは、いまだに「エルサレムは俺らの聖地だから、外者は出て行け」と主張する、ユダヤ教原理主義の者だけです。イスラエルでも、パレスチナでも、ほとんどの国民は平和を望んでいます。双方の相譲れない主張を理解し、どうやって平和的な落としどころをつけるべきか、模索しています。戦争をして、人を殺しまくって、一方を追放して自分たちだけが幸せになろう、という考えの者は、ほんのごくわずかです。トランプのこの発言には、僕のイスラエル人の友人も、とても怒っています。彼らのこれまでの、平和へ向けての地道な努力を、踏みにじるような愚行なのです。

ユダヤ教でもイスラム教でもそうなのですが、この、一部の極端な原理主義の者々の、簡単に言うと「俺らの宗教ってサイコー!他の宗教は認めない!」の価値観って、ほんと厄介なんですよ! イスラエルとパレスチナは、過去に何度も和平交渉を試みていますが、それが最も実現に近づいた1995年、和平に向けて尽力していたイスラエルのラビン首相は、暗殺されてしまいました。犯人は、元々敵対関係だったパレスチナ人ではなく、なんと、身内のはずのイスラエル人です。平和の実現、「お互いに50ー50で今後は仲良くしよう!」の約束が、ユダヤ過激派による「100ー0しか認めん!」の凶行で、あっさりと崩壊。犯人の青年からすると、ラビンの和平交渉は、神への冒涜なのだそうで。


これは無宗教的な思想が浸透した日本では理解しがたいことですが、世界の一部の者には、平和への祈念をはるかに上回る、宗教的な私念があります。戦争をしようが何をしようが、自分ら以外の価値観は認めないし、全ての者々がそれに従うのが、世界のあるべき姿、という思想です。悲しいことに、世界中の全ての人々が、世界の安定、平和を求めているわけではないのです。

実際にテロ等を起こす末端の過激な者々だけでなく、イスラエルやアメリカの支配層の中にもそういう思想の者がいるのは知っていますが、そんな狭い、ごく一部の極右の原理主義者だけを喜ばせる発言をしちゃうトランプは、愚かだとしか言い様が無いです。いろいろなスキャンダルが発覚して狼狽えた彼が、支持率回復のために言った、と分析するジャーナリストの方は多いですが。1人を喜ばせる一方で99人の怒りを買っているのでは、支持率はますます暴落すると思いますけどねぇ。なんで、その程度のこともわからないのでしょうか?

彼が「エルサレムを首都と認定する」発言のスピーチの中で直接言っていた、「これまでの政権はこの問題を棚上げにして来た」「しかし、俺は違う」。要は「こんなデリケートな問題にも手を突っ込める俺は、決断力がある!」とアピールしたいだけで、その結果がどうなるとかまでを、考えられる脳がないんですね。う〜ん、ダメだこりゃ。


そして、北朝鮮の問題。これまた、オバマがあえて触れずにいたこの問題に積極的に首を突っ込むことによる、「俺ってすごいでしょ」アピールなのでしょう。いたずらに危機を煽り、緊張関係を増大させ、その一方で日本や韓国には「あいつら危ないから、もっともっとアメリカ産の兵器を買えよ」。この構図、ビジネスマンとしては優秀と言えるのかもしれませんが、これはこんなあからさまなマッチポンプに振り回され、ホイホイと向こうの言い値で買ってしまう、日本政府がバカすぎるだけです。



僕は以前、常々、疑問に思っていたこととして、「なんでアメリカと日本の主従関係は、双方共に政権が変わろうが時代が変わろうが、ガッチリ固定で揺るぎないのだろう?」というのがありまして。アメリカのリベラル層が、なぜにこの不平等に気付かないのかと。歴代の大統領が、なぜにこの問題に全く触れないのかと。・・これは僕は、いろいろな本を読んで、僕なりに腑に落ちました。


簡単に言うと日本は、アメリカ“政府”の犬なのではなく、アメリカ“軍”の犬なのです。第二次大戦後、日本で大きな権力を維持し続けているのは、アメリカ軍なのです。アメリカは、政府=軍ではなく、別個の大きな権力中枢なのです。

アメリカ軍は、日本の国土、どこにでも基地を作る権利をいまだに有しており、日本の空域の多くでは、アメリカ軍の許可無しでは航空機を飛ばせない。また、アメリカ軍は治外法権を有し、軍人が犯罪を犯しても日本では裁けない。

それどころか、日本の自衛隊は、完全にアメリカ軍のコントロール下におり、有事の際に独自の判断では動けない。そして僕が一番驚いたのは、今後・・ではなく現時点ですでに、というか第二次大戦後はずっと、

アメリカ軍は自衛隊に戦争への参加を強要する権利を持つ一方で、アメリカ軍が日本を守るという明確な約束は、存在していない

ということ。


つまり極端にいうと、そもそも最初から自衛隊はアメリカ軍の一部であり、彼らによって好き放題にできる存在。これは要するに、日本は事実上、アメリカに自治権を奪われたままだということです。第二次大戦から70年以上が経ちますが、その意味では日本は、いまだに独立国家ではないのです。


しかし、これまでの日本は、憲法9条を根拠に、戦争への参加を拒否し続けてきました。アメリカ軍の首脳陣もバカじゃないですから、日本を無理矢理に戦争に巻き込むことが、日本の国民感情の上でどれだけのマイナスを生むかを、理解していたことでしょう。なので、なんとか日本はこれまで、戦争と距離を置き続けることができました。

逆に言うと、アメリカはこの“日本は戦争しないよ”状態を、変えるタイミングをずっと模索し続けていたわけです。そして僕の感覚では、「それがついに来たな・・」というのがここ数年の、安保改正や共謀罪等の、一連の流れです。そうとも知らずに、北朝鮮のミサイルがどうのこうのと危機感を煽られ、多くの国民が「参戦、止むなし!」な気分になっており。世論の誘導に大成功、まさにアメリカの思うつぼで、彼らは笑いが止まらないことでしょう。

北朝鮮が日本を攻撃できるミサイルを完成させたのは、はるか昔のことですよ。北朝鮮は、これまでも定期的に、何度もミサイル実験を敢行していますよ。なのになぜ最近になって、日本で戦争への機運が高まるのでしょうか? 北朝鮮が挑発を繰り返すようになったのは、トランプ政権になってからですよ。日本も韓国も北朝鮮も、アメリカに踊らされているとしか、僕には思えないんですけどねぇ。


日本が戦争に参加するのなら、これまでアメリカ軍の駐留を許して来た、沖縄をはじめとする人々の、70年の苦しみはいったいなんだったのでしょうか? 日本を戦争できる国にしようってんなら、犯罪しまくりで墜落しまくりで迷惑だらけのあんたらは、もう出て行ってくれよ、となるのは至極真っ当でフェアーな感覚だと思いますが。僕らはこれまでずっと、ヒドい目にあわされて来た、しかしそれは「日本は戦争をしない!」のポリシーを貫くためだと、我慢して来た。しかしそのポリシーが破壊されるのであれば、損得のバランスも崩壊しますから、そもそもの前提から変えないとおかしいですよね。


アメリカと日本の主従関係における、最後の砦、日本人としての究極のプライドは、「参戦だけは断固として拒否する!」だと思うのです。その意地すらなくなるのだとすれば、もはや日本は主従関係どころか、奴隷みたいなもんです。アメリカにやりたい放題やられても、意見は言えず、国益に全く関係なく、ただ命令に従うのみ。こんなの、まともな国家ではない。世界の恥です。



僕は世界を旅し、世界中の人々と接した経験があります。日本が平和国家として、世界中から尊敬を受けていることを知っています。一方で中東でも、僕はそれなりに現地の方々と仲良くなりましたが、彼らの認識では“原爆を受けた日本人は、今でもアメリカを憎んでいる”であり、敵の敵は友、という発想の上での好意でした。


日本がアメリカの言いなりになって、戦争に参加したあかつきには、これらの「日本は平和国家だ」という尊敬や、「日本はアメリカの仲間じゃないよね」的な認識を、すべて裏切ることになります。すさまじく失望されますよ。テロの標的になる可能性も、一気に高まります。


日本が戦争に参加することで、喜ぶのは一部のバカな国民と、アメリカだけです。世界中から、ガッカリされます。“平和主義を貫く”というプライドと、そこから受ける尊敬の念には、果てしなく大きな価値があるんだけどなぁ。それは先人達がこれまでずっと大切にして来た素晴らしい宝物なのに、なぜに、わざわざ手放すのでしょうか? 尊敬を失う、自衛隊員が死ぬ、ミサイルが降って来る、しかしアメリカ軍は今後も日本でやりたい放題。これでは、何一つメリットがないじゃないですか。


来年、2018年。僕にとっては宿がもちろん大切ですし、プライベートももっと充実させたいと思いますが、何よりも、世界が平和であってほしい。戦争が、起きないでほしい。起こさせないでほしい。

僕はただただ、切に、それを願います。


皆さま、よいお年を!!